当サイト厳選ランキングはこちら >

カーリング かけ声の意味は何ですか?

カーリングの試合を見ていると、
選手のかけ声がはっきり聞こえてきます。

「ヤー」
「ウォー」
「ヤップ」
「ヨーン」

何を言ってるの?
どういう意味なの?

言ってる意味がわかれば
カーリング中継を見る楽しみも増えます。

 

とても気になったので調べました。

かけ声は、ブラシで氷をこする(スウィープといいます)人への
指示です。

スウィープ(氷をブラシでこする)する人に
向かって

「こすって」という指示は

ヤー

ヤップ

イエス

 

より強く「こすって」という指示は

ハード

 

もっと早く極限まで「こすって」という指示は

ハリー

 

ゴミ掃除で軽く「こすって」という指示は

クリーン

 

「こするな、こするのを止めて」という指示は

ウォー

オフ

ノー

1つの動作でいくつかの言い方があり、
国やチームによって多少の違いがあります。

また、母国語で指示をしている国もあります。

 

投げられたストーンの狙いについてのかけ声

ノーラインだよ

指示した狙いから投げられたストーンの軌道がずれていること。

ラインいいよ

指示した狙いに向かってストーンが進んでいること。

数字のようなかけ声

スウィーパー(氷をこする人)が、
ストーンの早さや止まる位置を予測して
スキップ(リーダー)に伝えています。

ストーンを弾くための早いショットの場合は、

ホッグライン(ハウスの前のライン)とホッグラインの間の
通過秒数です。

ストーンを置くようなゆっくりなショットの場合は、

ストーンがどのへんに止まりそうかを伝える位置を表す数字です。

ハウスの中心円を7として
手前の円から6,5,4で奥の円は8,9,10となります。

1~3はホッグラインとハウスの一番外側の円のラインを
3分割しての数字です。

 

素朴な疑問

中継を見ててかけ声が気になる、
ということはかけ声を拾って中継しているということですよね。

選手とコーチの胸元には
ワイヤレスのピンマイクが装着されているからです。

どうやらテレビ視聴のみで音声がながされてます。

 

1試合で2時間半前後かかるために、
見ている人が飽きずに
興味を持って観戦できる効果を狙って、

試合の臨場感や緊迫感を視聴者へ伝えるためです。

オリンピックでは、
トリノオリンピックからマイク装着になりました。

また、
ストーンの滑る音やストーンを弾く音をなどを拾って
臨場感を増すためにリンク回りにもマイクが設置されています。

 

2010年のバンクーバー五輪のときには、
選手とコーチのウェアの
チャックの一番上にピンマイクがつけられて、
リンクの周りにあるクッションにも片側5個ずつ、
計10個設置されていました。

会場全体も100個近くのマイクが設置されており、
会場の外にテレビ局並みの音響調整機器を乗せたトレーラーが
横付けされました。

かけ声や会場の音響設備にも興味が持てると、
テレビ観戦もより興味深く応援にも熱が入ります(^^)