レインコートとは!自転車に乗る時はレインポンチョがおすすめ?

雨の日に自転車に乗ってますか?

はい、私も妻も乗ってます。

もちろん、傘差しではありません。

 

じゃ、
どんな恰好で乗ってるの?

私はレインスーツで妻がレインポンチョを利用してます。

レインスーツは、
上下セパレートのスーツスタイルです。

レインポンチョは、
セーターのように頭と腕を通して着るスタイルです。

レインコートは、
丈の長い文字通りのコートタイプです。

最近は、
すべてをひっくるめて「レインコート」と言われる
場合も多いようですね。

 

今回は、
妻が愛用のレインポンチョについてお話ししたいと思います。

以前に、

雨降り時に自転車に乗る場合の雨具は何がいいか?

で妻と大激論(ちょっと大袈裟かな。。)をしたことがあります。

私はレインスーツ
妻はレインポンチョ
です。

(私)
スーツタイプの方が
腰から下、特に膝下もぬれることがないし、
風でテルテル坊主にように膨らむこともないしね。
運転操作も邪魔されないので
絶対、スーツタイプだよ。
(妻)
いや、ポンチョよ。
頭と腕を通すだけで簡単に着られるし、
脱ぎやすいし手軽さでは断然ボンチョよ。
それに強い風でも思っているほどに膨らまないわよ。
失礼ね(プンプン)

ウーン、自分が膨らんでいると思ったのでしょうか。

 

なんだかんだと言い合っておりまして、

(私)
そういう場合なら、アリだね。
(妻)
そうだね。
そういう時はスーツのほうがいいかもね。

 

と、譲り合う意見がでました。

 

そうなんです!

どちらにもメリットとデメリットがあります。

 

ようは、
使うシチュエーションによってもかわるんです。

 

今回の2人の結論が
手軽さではポンチョが一番!!

でまとまりました。

 

では、ポンチョと一緒に使うと
「これはいいっ!」という便利アイテムを紹介しますね。

 

レッグカバー

ポンチョは自転車をこいでいると、
太ももあたりからどうしても濡れてしまいます。

膝くらいから足首までをカバーしてくれる
レッグカバーがあるとかなりいいです。

中には靴までカバーしてくれるものや
ふとももくらいまでカバーしてくれるものもあります。

妻のは膝の上くらいから足首まででオシャレ長靴を愛用してます。

 

巻きスカート

ちょっと雨の強い日にはスカートも濡れないように
巻きスカートを利用してます。
これは安心とのことです。

「だったら、いつもつければ」、と言ったら、
「つける、つけないが雨の度合いの私のバロメーター」と、
わかったようなわからないような答えが返ってきました。

 

手袋

レディス用のゴルフの手袋を使ってます。
バーゲンで500円だったそうです。

ハンドルグリップのスベリを防ぐだけでなく
寒さも防げるので雨にはかかせないようです。

 

レインキャップ

フードを被っても雨が顔を濡らして前方が見づらくなります。

メガネをしている場合は曇ると危ないです。

つばが広めの帽子があるとかなり違います。
UVケア用の帽子もつばが広いので流用できます。

 

ちょっと疑問があったので妻に聞いてみました。

買い物先についたらどうしてるの?

「脱ぐに決まってるでしょ。
濡れたままでお店に入ったらひんしゅくものよ」

いや、そういう意味じゃなくて・・・・・(汗汗)

 

入り口の横の邪魔にならないスペースで
内側に水滴がなるべくつかないようにたたんで
小物バッグにいれるようです。
時間にして2~3分らしいです。

また、着る時はちょっと湿っぽいけど
「濡れるよりはよほどまし」、だそうです。

 

ひとつ言い忘れたと言ってます。

自転車のかごカバーも必需品って言ってました。
100均で買ったようです。

 

どうでしたか?

雨具の購入で迷っていたら参考にしてもらえるとうれしいです。

 


最後に、

雨の日の自転車走行は慎重にして下さいね。

特にフードをつけていると横の視界がせまくなります。
自分だけ気をつけても相手があることです。

歩いている人が突然向きを変えることもあるので
横を通り過ぎるときは気をつけて下さい。

特に、子供の横を通り過ぎるときは要注意ですよ。

 

雨具で雨は防げますが、危険は増します。
運転は気をつけて下さいね。